兄刺殺疑いで52歳弟逮捕 広島・尾道 - 産経ニュース

メインコンテンツ

兄刺殺疑いで52歳弟逮捕 広島・尾道

 20日午前9時20分ごろ、広島県尾道市潮見町の民家で、会社員の平岡良和さん(62)が「血を流して倒れている」と119番があった。平岡さんは胸などを刺され、搬送先の病院で死亡を確認。広島県警尾道署は同日、殺人容疑で、弟で無職の平岡公一容疑者(52)を逮捕した。「気付いたら刺していた」と殺意を否認しているという。

 逮捕容疑は、20日午前8時50分ごろから午前9時15分ごろの間、自宅で良和さんの胸などを数回刺し殺害したとしている。

 同署によると、良和さんの息子が公一容疑者から暴行を受けたとして、19日に被害届が出されており、20日朝には良和さんが公一容疑者宅を訪れていた。県警は2人の間にトラブルがあったとみて調べている。