小動物に衝突か 東海道新幹線が一時運転見合わせ

 20日午前7時20分ごろ、名古屋発東京行きの東海道新幹線(16両編成)の運転士が、掛川-静岡間を走行中に異常な音を感知した。一時運転を見合わせて乗務員が点検し、約30分後に運転を再開した。JR東海によると、小動物が衝突したとみられる。

 運転見合わせにより、上下計23本の新幹線に最大36分の遅れが生じ、約1万人に影響した。

会員限定記事会員サービス詳細