江差追分全国大会が中止 北海道、コロナで2年連続 - 産経ニュース

メインコンテンツ

江差追分全国大会が中止 北海道、コロナで2年連続

 北海道江差町は19日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、民謡「江差追分」の全国大会を2年連続中止にすると明らかにした。

 毎年9月に開催し、令和元年は参加者と観客計約3500人が来場。2年は少年の部の出場権を失う中学3年生向けの発表会だけ開いていた。今年は開催予定だったが、変異株の拡大で地域によっては予選用の動画撮影が難しくなっていた。

 江差追分は信州の「馬子唄」が起源の一つで、江戸時代に日本海を往来した北前船の船乗りが伝えたとされる。哀愁漂う旋律で知られ、大会は昭和38年から毎年開催されていた。