音声ドキュメント メディアは死んでいた―検証・北朝鮮拉致報道

第1話 日本海の方で変なことが起きている

袋詰めにされた被害者の様子。民家の主人が描いたスケッチが阿部雅美の取材ノートに残っていた。富山県の拉致未遂事件が端緒となった(松本健吾撮影)
袋詰めにされた被害者の様子。民家の主人が描いたスケッチが阿部雅美の取材ノートに残っていた。富山県の拉致未遂事件が端緒となった(松本健吾撮影)

昭和54年。ダサい、ナウい、キャリア・ウーマンといった言葉がはやった時代。プロ野球では、広島カープが初の日本一となった年。

実はこのころ、日本海側で、ひそかに、理不尽極まりない凶悪犯罪が続発していた。

ランキング

  1. WHO オミクロン株 日本の対応を「理解困難」と批判 感染力の情報は「数日以内」に

  2. 「乱暴に内政干渉」中国、安倍元首相の台湾発言で駐中国大使に厳正な申し入れ

  3. 中国、女子テニス協会に反発 「スポーツの政治化に反対」

  4. IOC「無責任」と批判 彭帥さん問題で国際団体

  5. 米中が対北軸に韓国の取り込み図る 米韓は対北作戦更新へ

  6. 中国、安倍氏の「日本有事」発言に「でたらめ」猛反発

  7. ディオール写真に批判殺到 「中国人侮辱」で撤回

  8. 【アジアの視線】独裁政権倒した日本のアニメ 森浩

  9. 「日本政府は積極関与を」 先月ミャンマー訪問の日本財団・笹川会長

  10. 韓国でオミクロン株感染を初確認 夫婦ら5人