正論

台湾海峡有事、日本はどうする 拓殖大学顧問・渡辺利夫

渡辺利夫氏
渡辺利夫氏

≪米司令官発言のリアリティー≫

3月25日付の産経新聞1面の主見出しは「中国の台湾侵攻迫る」であった。バイデン大統領から次期インド太平洋軍司令官に指名されたアキリーノ氏の上院指名承認公聴会での証言の核心である。

同氏は中国による台湾侵攻は「大多数の人たちが考えるよりも非常に間近に迫っている」ことを強調した。これに先立つ上院の公聴会で現司令官のデービッドソン氏は、中国は今後6年以内に台湾に侵攻する可能性が高いとの見通しを述べた。海峡有事となれば最前線での指揮者となるインド太平洋軍司令官の発言である。縦横に張り巡らされた情報網から得られた無数のデータを多元方程式で解いて得た結論なのであろう。

ランキング

  1. 【多面鏡】止まらぬ無差別殺傷 「無敵の人」を生んだのは誰か 東京社会部長・酒井孝太郎

  2. 【主張】東大前無差別刺傷 被害者の救済を最優先に

  3. 【直球&曲球】野口健 再び富士山噴火に警鐘を鳴らしたい

  4. 【論説委員 日曜に書く】藤本欣也 「消えない時代」に入った香港

  5. 【産経抄】1月16日

  6. 【解読】「講和条約」70年前と重なる脅威 主権回復へ、ある外交官の警告 ワシントン支局長・渡辺浩生

  7. 【主張】新型コロナ2年 収束へ経験と反省生かせ

  8. 【日曜講座 少子高齢時代】変わる親子のカタチ 親が生きている高齢者は9% 客員論説委員・河合雅司

  9. 【産経抄】1月15日

  10. 【主張】不妊治療 保険適用後の道筋を示せ