音声ドキュメント メディアは死んでいた―検証・北朝鮮拉致報道

第2話 怪しげな男たち

アベックの拉致未遂事件があった富山県高岡市・雨晴海岸の現場=昭和54年(阿部雅美撮影)
アベックの拉致未遂事件があった富山県高岡市・雨晴海岸の現場=昭和54年(阿部雅美撮影)

 事件記者・阿部雅美は、昭和54年の秋ごろ、「日本海の方で変なことが起きている」という断片的な情報を頼りに、地方新聞を読み漁っていた。

 ある日、富山県の地元紙に奇妙な事件が載っているのに気づく。

ランキング

  1. 90年前の「中国国恥地図」、米軍が利用 「失地回復」掲げる膨張主義を警戒

  2. 【欧州を読む】エリザベス女王の体調不安 王室の影響力維持に課題

  3. 中国、米民主主義批判でキャンペーン 研究所も報告書

  4. 【あめりかノート】評価低落「ハリス・パニック」

  5. 【竹島を考える】歴史曲解を外交カードとする錯覚を一刀両断せよ

  6. スーチー氏を禁錮2年に減刑 ミャンマー総司令官

  7. IOCが中国に強硬姿勢も パウンド委員が見解

  8. 【アメリカを読む】白人と非白人 女性失踪事件の報道格差

  9. WHO オミクロン株 日本の対応を「理解困難」と批判 感染力の情報は「数日以内」に

  10. オミクロン45カ国以上に 韓国では24人感染