公明・山口代表「首相の判断見守る」 衆院解散時期めぐり - 産経ニュース

メインコンテンツ

公明・山口代表「首相の判断見守る」 衆院解散時期めぐり

公明党・山口那津男代表
公明党・山口那津男代表

 公明党の山口那津男代表は17日、衆院解散の時期をめぐり、明確な論評を避けた。熊本市内で記者団に「解散は菅義偉首相の判断によるので、それを見守りたい。与党の側としては、しっかり首相の決断を受け止められるような対応を取っていきたい」と述べた。

 首相が内閣不信任決議案提出は解散の大義になるとの考えを示したことに関し「解散権は首相のみが持つものだから、解散時期や善しあしについてコメントするのは控えたい」と強調。新型コロナウイルス対策を優先するとの首相の姿勢に触れ「ワクチン接種も含めて与党としてもしっかり支えたい」と語った。