羽生、エキシビ練習で 4回転半に挑む

羽生、エキシビ練習で 4回転半に挑む
羽生、エキシビ練習で 4回転半に挑む
その他の写真を見る (1/2枚)

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦で16日に行われた男子フリーで2位だった羽生結弦(ANA)は17日、18日のエキシビションに向けた練習で、国内では初めてクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑んだ。6本で転倒し、着氷はならなかった。

 羽生はエキシビションの曲をかけた練習後にアクセルの動作確認を始め、約30分間にわたって4回転半に挑み続けた。回転が抜けたものも含め10本以上跳んだ。練習終了直前まで挑戦して着氷はできず、悔しそうな表情を見せた。

 4回転半は、前人未到の大技で、羽生自身が「成功させることが一番の目標」と語っている。16日のフリーでは高い加点が付く3回転半を跳び、「来季は4回転半がそろった演技をしたい」と意気込んでいた。