現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

hanashikaの時間。

実は優しい?松鶴師匠 桂小春団治

桂小春団治さん
桂小春団治さん

上方四天王と呼ばれた桂米朝、笑福亭松鶴(しょかく)、先代桂文枝、先代桂春團治。

存命中、われわれはこの師匠方と会うとき異様な緊張感に包まれていたものです。

僕がまだ20代のころ、道頓堀角座で松鶴師匠と同じ出番になったときです。毎回自分がやった演目を松鶴師匠に伝えていたのに、ある日忘れてしまい、高座に上がった松鶴師匠が僕がその日やったのと同じ「平林」をやりだしたのです。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】藤子不二雄(A) 氏が描いた社会の闇に迫れ 同志社大教授・佐伯順子

  2. 【産経抄】5月22日

  3. 【正論】なぜ韓国の文化は「ウリジナル」なのか? 「『分からないもの』に対して何をするかが問われている」 羽生善治さんの至言が示す人文科学の危機 筑波大学大学院教授・古田博司

  4. 【主張】子供とスポーツ 体動かす環境大人が守れ

  5. 【産経抄】5月21日

  6. 【浪速風】無関心を恐れよ

  7. 【国防解体新書】(2)敵の政治指導者を翻弄 「認知戦」が始まった 社会部編集委員・半沢尚久

  8. 【朝晴れエッセー】使い込んだシャトル・5月22日

  9. 【主張】ミャンマーの混迷 危険への歩み見過ごすな

  10. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

会員限定記事