ドラマ「華麗なる一族」 向井理「芝居が変わる経験」 18日からWOWOW

 平成18年に俳優デビューし、数々の作品に出演してきた。今回は大介を演じる中井貴一(59)との共演を「この作品をやるうえでかなり大事な部分だった」と語り、「すごい方なので何か盗めるものがあればいい」と現場に臨んだ。新型コロナウイルスの感染拡大で検温や消毒、感染を徹底した中での撮影となったが、「僕らだけじゃなくて、撮影部や照明部などいろいろな人がちゃんと意識を持って現場に来ている。とてもやりやすい現場だった」と様子を話す。

 半世紀も前の日本を舞台に、貪欲に権力を拡大しようとする人間の欲望を緻密に描いた作品が現代に問うものは何か。向井は「」「いい意味では時代を良くしていく、悪い意味では人を蹴落としていく、そういうパワフルな時代があったということを感じていただきたい」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細