【check!ラジオ大阪】「聖火で髪の毛焦がさないように…」笑福亭鉄瓶、聖火リレー語る - 産経ニュース

メインコンテンツ

check!ラジオ大阪

「聖火で髪の毛焦がさないように…」笑福亭鉄瓶、聖火リレー語る

【check!ラジオ大阪】「聖火で髪の毛焦がさないように…」笑福亭鉄瓶、聖火リレー語る
【check!ラジオ大阪】「聖火で髪の毛焦がさないように…」笑福亭鉄瓶、聖火リレー語る
その他の写真を見る (1/2枚)

 ラジオ大阪(OBC)が毎週月~木曜の午後6時から放送する『hanashikaの時間。』は、松竹芸能に所属する4人の噺(はなし)家(か)がアシスタントやゲストとともにトークを繰り広げる番組です。4月12日は月曜担当の笑福亭鉄瓶と松本美香が出演しました。

 「時刻は6時を回りました。こんばんは」と、いつもの番組開始の文句を、やけに神妙な声で発した鉄瓶。「聖火ランナー、奈良県香芝市を走らせていただきました、笑福亭鉄瓶です」と続けます。この日、東京2020オリンピック聖火リレー、奈良県の2日目で地元香芝市のラストランナーを務めた後、生放送にかけつけた鉄瓶に、リスナーからも「配信で見ました。今日のお話、楽しみにしています」とメッセージが寄せられました。

 鉄瓶は今回のコロナ禍での聖火リレーについて「賛否あったと思うんです。聖火をつなげるというのは、ただ手渡しすることじゃなくて、賛成も反対も意見を尊重したり、思いやったり、遠慮し合ったりの押し引きでできること。もう開催しようということになったのだから、どうやりましょうかというところで、否定の人のことももちろん考えないと」と思いを述べ、そうした中で毅然(きぜん)として運営にあたるスタッフを「すごく丁寧に動いていた」とたたえました。

 当日着て走ったユニホームを見せながら「肌触りがすごくいい。めちゃめちゃ気持ちよかった」と絶賛する鉄瓶に、生地に触れた松本も「おぉっ、ツルツルやん~」と興奮。さらに鉄瓶からトーチを渡されると、「おぉぉ、うわ~」と声を上げ「こんな貴重なものを…」とますます恐縮しました。

 鉄瓶は「走る前にスタッフの方から説明を受けるんです。トーチを持つところはあごより上にするようにしてくださいって。低いと髪の長い方は『ボッ』ってなって燃えてしまうから」と説明し、「持ってみると思ったより軽いなと思うけど、これを片手に持ち続けながら走ると重量を感じます」と振り返りました。

 そんな鉄瓶に松本が「でも終始、本当にいい笑顔で走ってたよね」と声を掛けると、「沿道の皆さんがスタッフの注意を守って、静かに拍手や手を振って応援してくださっていて、本当に素晴らしいなと思った。その応援を見ていたら、最後まで笑顔で走らないとという気持ちになりました」と頷きつつ、「うちの師匠(笑福亭鶴瓶)が、スケジュールが合わなくてご辞退したということもあって、師匠に代わってという思いも背負いながら…」と様々な思いでの走行だったことを明かしました。

 また、沿道に母親の姿を見つけたと言い「すぐわかったんです。メカ音痴、まだガラケーの母親が、『写ルンです』を持ってて。『え、それまだ売ってたんや』ってビックリして。」と笑い「いろんな方に支えてもらった一日でした」と笑顔を見せました。

 この模様は、放送後1週間(4月19日まで)radikoのタイムフリーで聴くことができます。パソコン・スマートフォンから「radiko OBC hanashika 鉄瓶」で検索してください。