台湾総統、米代表団と会談 中国対抗で関係強化協議 - 産経ニュース

メインコンテンツ

台湾総統、米代表団と会談 中国対抗で関係強化協議

台湾の蔡英文総統(総統府提供)
台湾の蔡英文総統(総統府提供)

 台湾の蔡英文総統は15日、総統府で米国のドッド元上院議員やアーミテージ元国務副長官らの非公式代表団と会談した。代表団は「米国の台湾関与」に関するバイデン大統領のメッセージを伝える。台湾統一圧力を強める中国に対抗していくため、米台の協力関係強化について協議するとみられる。

 中国外務省は代表団を公的なものと見なし、14日の報道官記者会見で「(米台の)いかなる形式の公的往来にも断固反対する」と反発。対抗措置を取る可能性がある。

 代表団は滞在中、蘇貞昌行政院長(首相)らとも会談する予定。

 米高官は代表団について、米国の防衛支援を約束した台湾関係法制定42周年に合わせた訪問と説明した。(共同)