川崎市の路線バスが自転車と接触 転倒した男性軽傷

神奈川県警=横浜市
神奈川県警=横浜市

 15日午前7時55分ごろ、川崎市川崎区観音の国道132号で、同市が運行する路線バスが車道に出てきた自転車と接触。自転車に乗っていた区内に住むアルバイトの男性(75)が転倒し、手を打つなどの軽傷を負った。バスの乗客など、ほかにけが人はなかった。

 神奈川県警川崎署によると、現場は見通しの良い片側2車線の直線道路。バスは同区東扇島にある市の多目的施設「川崎マリエン」を出発し、同区駅前本町のJR川崎駅に向かっているところだった。同署は事故の詳しい経緯を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細