野党、五輪中止・再延期論強める 二階氏の中止言及で「決断を」

衆院本会議に臨む自民党・二階俊博幹事長=15日午後、国会(春名中撮影)
衆院本会議に臨む自民党・二階俊博幹事長=15日午後、国会(春名中撮影)

 自民党の二階俊博幹事長が東京五輪・パラリンピックの中止に言及した15日、野党は五輪の中止・再延期論を強めた。共産党の志位和夫委員長は記者会見で「自民党幹事長が表明した以上、一刻も早く中止を決断し、新型コロナウイルスの収束に集中すべきだ」と語り、他の野党とともに政府に中止を求めたいとの考えを示した。

 志位氏は二階氏発言について「政府・与党は思考停止で開催に向け暴走するという態度だったが、その姿勢が(感染拡大により)成り立たなくなっている」と解釈した。

 立憲民主党の安住淳国対委員長は党会合で、中止も視野に開催の是非を慎重に検討すべきだと主張。「五輪に突き進むのかどうか、真剣に考えなければいけない時期に来た。二階氏の話はそのきっかけになるような感じがする」と述べた。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は記者会見で、今夏に安全に開催できるのか検証が必要で、再延期も選択肢となるとの認識を示した。政府のコロナ対応を疑問視し「今のままで安全で歓迎される五輪が開催されるか甚だ疑問だ」と強調。「人類がコロナに打ち勝った証し」(菅義偉(すが・よしひで)首相)として開催するという政府の目標についても「達成できなくなる可能性がかなり出てきている」と指摘した。

 二階氏は15日のTBSのCS番組収録で、東京五輪・パラリンピックについて、感染がさらに拡大した場合に「これ以上無理だということなら、すぱっとやめないといけない。五輪で感染症を蔓延(まんえん)させたら、何のための五輪か分からない」と述べた。

 ただ、その後にコメントを発表し、「ぜひ成功させたいという思いだ。何が何でも開催するのかと問われれば、それは違うという意味で発言した」と意図を説明した。

会員限定記事会員サービス詳細