バイデン大統領、プーチン氏にウクライナ問題で懸念伝達 首脳会談を提案  - 産経ニュース

メインコンテンツ

バイデン大統領、プーチン氏にウクライナ問題で懸念伝達 首脳会談を提案 

バイデン米大統領(左、ロイター)、ロシアのプーチン大統領
バイデン米大統領(左、ロイター)、ロシアのプーチン大統領

 【ワシントン=大内清】米ホワイトハウスは13日、バイデン大統領がロシアのプーチン大統領と電話会談し、両国間の懸案などを話し合うための首脳会談を第三国で行うことを提案したと発表した。バイデン氏は、ロシアがウクライナ国境付近や併合したクリミア半島で戦力を増強させていることに懸念を表明。ウクライナの主権と領土的一体性への「揺るぎない関与」も強調した。

 バイデン氏が就任後にプーチン氏と電話会談したのは1月下旬以来、2度目。米露関係は、3月にバイデン氏が米テレビのインタビューでプーチン氏は「人殺し」だとの認識を示したことに同氏が猛反発するなど険悪な状態が続いている。

 また、ロシアはこのところウクライナ国境地帯で軍部隊を増強。これを受けてバイデン政権が派遣した米軍艦2隻が数日中に黒海に到着する見通しで、緊張が高まりつつある。

 バイデン氏は13日の電話会談で、ロシアによるサイバー攻撃や選挙干渉に対して「国益を守るために断固とした行動をとる」とも強調。ロシアとの間に「安定的で予測可能な関係」を築くことを目指すとした。

 ブリンケン米国務長官も13日、ブリュッセルでウクライナのクレバ外相と会談し、ロシアからウクライナへの圧力増大や親露派武装勢力による停戦合意違反の増加に懸念を示した。