携帯電話乗り換え まずはデータ通信量を確認 次は自分に合うプラン探し

大手か格安スマホか

 自分のデータ通信量が把握できれば、次は自分に合ったプラン探しだ。現行では大きく分けて小容量帯(月のデータ使用量が数ギガ程度)、中容量帯(同10~20ギガ)、大容量帯(同20ギガ以上)の3つがある。

 月数ギガ程度で収まる場合、使った分だけ支払うプランでOK。大手3社の場合、3千~6千円程度のプランが該当する。通信量に応じて料金が変わる「段階制」で、上限を超えた場合は通信速度は制限されるが料金超過の恐れはない。店頭での手続きが可能でアフターサービスも手厚い。

 もっと値段を抑えたいのであれば格安事業者が視野に入ってくる。例えば、インターネットイニシアティブ(IIJ)は月2ギガで780円(税別)、同20ギガで1880円(同)のプランがある。数百~2千円程度でスマートフォンが使えるのが相場だ。

 通信量が月10~20ギガに収まっている場合、検討するのは、手続きや各種サポートをオンラインに限定した「オンライン専用プラン」だ。このプランでは20ギガまででいずれも月額3千円程度。大手で契約している場合、今の契約よりも安くなる可能性が高い。

 ドコモの「ahamo」は国内通話が1回5分まで無料で2700円(同)。追加料金を払えば24時間データ使い放題のauの「povo」、LINEでのデータ消費がゼロとなるソフトバンクの「LINEMO」はいずれも2480円(同)だが無料通話は付いていない。ただ、料金は割安だが手続きはウェブ上に限られること、携帯メールアドレスが使えなくなることがネックになりそうだ。

 通信量が月20ギガを超えている場合、大手3社の無制限プランがいずれの事業者も値下げを打ち出しているため、既存の大容量プランで契約している人も一度契約を見直してみよう。昨年本格参入した楽天モバイルでは月1ギガまでは無料、同20ギガ~無制限で2980円(同)のプランもある。