「開かずの踏切」などに改良義務 国交省が全国93カ所を指定

 国土交通省は13日、踏切での事故や渋滞を減らすため自治体や鉄道会社に改良を義務付ける対象として、25都府県の93カ所を指定した。3月末に成立した改正踏切道改良促進法に基づく指定の第1弾で、歩道拡幅や立体交差化、歩道橋の設置などを求める。

 指定対象の大半は、長時間待たされる「開かずの踏切」や通学路、福祉施設付近など特に安全確保が必要な箇所。住民の合意形成や計画策定に時間がかかるケースもあるため、期限は設けず中長期的な取り組みを促す。

 都道府県別では東京の15カ所が最多で、愛知14カ所、千葉、兵庫11カ所の順。国交省は今後も順次、追加指定する。

会員限定記事会員サービス詳細