【話の肖像画】ブシロード会長、新日本プロレスオーナー・木谷高明(60)(1)「商売」ではなく「勝負」(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

話の肖像画

ブシロード会長、新日本プロレスオーナー・木谷高明(60)(1)「商売」ではなく「勝負」

プロレスの聖地「後楽園ホール」にて(桐原正道撮影)
プロレスの聖地「後楽園ホール」にて(桐原正道撮影)

《新型コロナウイルスによる2度目の緊急事態宣言が出される直前の令和3年1月4、5日、新日本プロレスの新春東京ドーム大会はコロナ禍での縮小開催ながら2日間で観客約2万人が集まった。一時人気が低迷していた新日本プロレスは近年、オカダ・カズチカ、棚橋弘至、内藤哲也といったスター選手たちがリングで暴れまわり、活況を呈している。平成24年から新日本プロレス会長、オーナーとして、人気回復に奔走してきた》

小学生のときにタイガーマスクの漫画を読んでからプロレスのファンなんです。当時のレスラーたちの個性が際立っているところに魅(ひ)かれました。「人間発電所」(ブルーノ・サンマルチノ)とか「黒い呪術師」(アブドーラ・ザ・ブッチャー)、「燃える闘魂」(アントニオ猪木)など、キャッチフレーズをつけるじゃないですか。他のスポーツイベントにはなかったですよね。新日本プロレスのセルリアンブルーのマットは今でも僕にとって憧れの場所なんです。

プロレスは1990年代が人気絶頂でしたが、2000年代に(K1やPRIDEなど他の)格闘技にお客さんを奪われてしまいました。僕が会長となったころの新日本プロレスは、個性的な選手たちにかつてのスター選手の映像などソフトはそろっていたのですが、あまりにファンが減って売り上げのめどが立たなかったんです。僕は人気回復の第一歩は「ファンの復帰」と思い、メディアでの露出やCM、広告などで集客に努めました。するといろいろな人が「実は新日本プロレスのファンだったんです」と言って会場に戻ってきてくれ、さらに友人を誘うなどで新しいファン層を広げてくれた。

試合内容は面白かったし、選手同士の因縁関係など物語性もあった。さらに選手全員にツイッターをやってもらい、お客さんに話題も提供しました。フォロワーが1万人増えるたび、その選手にポケットマネーを出してね。選手もお客さんが入るとうれしいじゃないですか。今までと同じスタイルで試合をやっているんですが、お客さんが多いと選手の動きに色気やオーラが出てくるんです。