衆院北海道2区補選告示、6人が届け出 自民は「不戦敗」

 鶏卵汚職事件に絡み収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛元農林水産相の議員辞職に伴う衆院北海道2区補欠選挙が13日、告示された。吉川氏が所属した自民党は候補擁立を見送る一方、野党統一候補である元職と無所属の候補ら計6人が立候補。参院長野選挙区補選、広島選挙区再選挙とともに25日に投開票される。

 立候補を届け出たのは、無所属の新人で医師の小林悟氏(56)▽立憲民主党元職の松木謙公氏(62)=国民、社民推薦▽無所属の新人で元北海道放送アナウンサーの鶴羽佳子氏(53)▽無所属の新人で弁護士の長友隆典氏(52)▽日本維新の会の新人で元道議の山崎泉氏(48)▽NHK受信料を支払わない方法を教える党の新人で動画配信業の斉藤忠行氏(29)-の6人。

 一方、自民党は吉川氏の在宅起訴を受けて「不戦敗」を決め、公明党も自主投票としている。