吉村・大阪府知事「緊急事態要請も検討」重点措置効果見極め  - 産経ニュース

メインコンテンツ

吉村・大阪府知事「緊急事態要請も検討」重点措置効果見極め 

大阪府の吉村洋文知事=1日、大阪市中央区(永田直也撮影)
大阪府の吉村洋文知事=1日、大阪市中央区(永田直也撮影)

 大阪府は10日、新型コロナウイルスに感染した7人が死亡し、過去最多の918人が感染したと発表した。5日から始まっている蔓延(まんえん)防止等重点措置に関して吉村洋文知事は10日夜の民放番組で、「19日の週に効果を見極め、不十分なら緊急事態宣言の要請を考えたい」と述べた。その際は飲食店などへの休業要請を含め、より強い対策を取る必要があるとの認識を示した。

 府によると、10日時点の重症者は185人。うち3人は重症病床が逼迫(ひっぱく)したため、軽症・中等症患者の受け入れ医療機関で治療を継続している。重症病床の使用率は81・3%。政府が定める複数の指標で、緊急事態宣言の目安とされるステージ4(爆発的感染拡大)の水準に達している。