日本は6勝7敗で9位 カーリング男子世界選手権

スウェーデン戦でショットを放つ松村(右)。左は谷田=カルガリー(日本カーリング協会提供)
スウェーデン戦でショットを放つ松村(右)。左は谷田=カルガリー(日本カーリング協会提供)

カーリングの男子世界選手権第8日は9日、カルガリーで1次リーグ最終戦が行われ、今大会での北京冬季五輪出場枠獲得を逃した日本代表のコンサドーレは前回王者のスウェーデンに2-7で敗れ、6勝7敗の9位で終えた。

1次リーグ突破の6チームが五輪出場枠を獲得でき、最後の1枠はスイスが得た。日本は今後開催予定の五輪最終予選で改めて獲得を目指す。(共同)