小1女児が電車にはねられ死亡 大阪・富田林 - 産経ニュース

メインコンテンツ

小1女児が電車にはねられ死亡 大阪・富田林

 10日午前11時20分ごろ、大阪府富田林市喜志町の近鉄長野線の線路付近で、河内長野発大阪阿部野橋行きの準急電車が、奈良県五條市岡町の小学1年の女児(6)と衝突した。女児は頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。線路付近の法面(のりめん)に座っていたとみられ、大阪府警富田林署が経緯や事故原因を調べている。

 同署によると、現場は近鉄喜志駅の約500メートル北。線路周辺は田んぼで、フェンスなどはなく誰でも立ち入れる場所だった。

 女児はこの日、母親が用事で外出するため、現場近くに住む祖父母に妹とともに預けられ、祖母に付き添われながら付近で遊んでいた。電車の運転士は約25メートル手前で、1人で法面に座る女児の姿に気づいて急ブレーキをかけたが、間に合わずに衝突したという。