【闘う】ガラス細工の野党共闘に綻び 立民、参院長野補選で悩む共産との距離感(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

闘う

ガラス細工の野党共闘に綻び 立民、参院長野補選で悩む共産との距離感

参院長野選挙区補欠選挙の立憲民主党候補の応援演説を行う枝野幸男代表(手前)。共闘する共産党の田村智子副委員長(中央)と社民党の福島瑞穂党首(左)は後方から見守った=長野県松本市(田中一世撮影)
参院長野選挙区補欠選挙の立憲民主党候補の応援演説を行う枝野幸男代表(手前)。共闘する共産党の田村智子副委員長(中央)と社民党の福島瑞穂党首(左)は後方から見守った=長野県松本市(田中一世撮影)

 10日午後、長野県松本市の中心部の公園に、立憲民主党代表の枝野幸男、共産党副委員長の田村智子、社民党党首の福島瑞穂が参集した。参院長野選挙区補欠選挙(25日投開票)に立候補した立民の新人、羽田次郎(51)の応援演説会のためだ。

 羽田は急逝した元国土交通相の羽田雄一郎の弟で、共産、国民民主党、社民が推薦する「野党統一候補」。自民党の小松裕(59)と事実上の与野党の一騎打ちとなった。

 枝野は菅義偉政権の新型コロナウイルス対応を舌鋒鋭く批判したが、野党共闘への言及は控えめだった。

 「党派を超えて多くの力をいただきながら、でも主役は政党ではない。皆さんと一緒に政治を変える」

 話を終えると、羽田や田村、福島らの演説前にもかかわらず会場を立ち去った。候補者や党幹部らが並んで行う「がんばろう」コールにも姿はなし。陣営スタッフは「共産と並ぶのを党が嫌がったので、段取りに気を使った」と明かす。

 一方、田村は「共産党もわがことの選挙として全力で頑張りぬく」とアピール。共産は演説会を「市民と野党の大集会」と称して枝野や福島の登場も宣伝した。「立憲民主党街頭演説」と告知し、他党の参加者を記載しない立民との温度差は明らかだった。

 立民と共産の距離感の難しさは、羽田が2月27日、共産の県組織などと結んだ政策協定をめぐる混乱で表面化した。労働運動をめぐり共産と歴史的に対立関係にある連合が問題視。「長野県連での軽率な行動」に慌てた枝野は連合会長の神津里季生に謝罪した。