正論

クーデターが起こるメカニズム 東京国際大学特命教授・村井友秀

【正論】クーデターが起こるメカニズム 東京国際大学特命教授・村井友秀
【正論】クーデターが起こるメカニズム 東京国際大学特命教授・村井友秀
その他の写真を見る (1/2枚)

ミャンマーでクーデターが発生した。民主主義国家は挙(こぞ)ってミャンマー軍を非難している。しかし第二次世界大戦後の世界を見ると中東、中南米、アジア、アフリカで300件以上のクーデターが起きている。

≪国民が支持するクーデター≫

発展途上国ではクーデターを国民が支持する場合がある。どの国でもその国で最も尊敬される人物が指導者になれば国民は満足する。新興独立国で最も尊敬されるのは独立の英雄である。独立戦争で独立を勝ち取った国では軍人、例えばビルマ独立の英雄アウンサン将軍のような人物が国家指導者になった。国民の間に軍人指導者に対する抵抗感はない。

ランキング

  1. 【正論】「愛子天皇」待望論は国を滅ぼす エッセイスト動物行動学研究家・竹内久美子

  2. 【一筆多論】認知症薬、期待と現実と 佐藤好美

  3. 【産経抄】1月19日

  4. 【浪速風】小説顔負けのスパイ疑惑

  5. 【風を読む】廃校を狙う中国エリート校 論説副委員長・佐々木類

  6. 【主張】みずほ新体制 悪しき企業風土に決別を

  7. 【主張】噴火と津波情報 検証を重ねて次に生かせ

  8. 【社説検証】日米2プラス2 朝日は「軍事偏重に不安」 産読「中国に対抗を評価」

  9. 【多面鏡】止まらぬ無差別殺傷 「無敵の人」を生んだのは誰か 東京社会部長・酒井孝太郎

  10. 【浪速風】自衛隊法の改正急務