富岡、下仁田など4市町村が合同でワクチン接種 群馬 - 産経ニュース

メインコンテンツ

富岡、下仁田など4市町村が合同でワクチン接種 群馬

 群馬・甘楽富岡地域の4市町村(富岡市、下仁田町、甘楽町、南牧村)は、合同で新型コロナウイルスワクチン接種に取り組むことを決めた。

 同地域を管轄する医師会は富岡市甘楽郡医師会だけで、個々の自治体で対応するのではなく「一対一の関係を構築することで合理的な協力態勢とともに円滑な接種態勢がとれる」と判断した。富岡市によると、こうした取り組みは県内初という。

 同地域では主に個別接種が考えられているが、甘楽町に合同で運営する相談・予約センター(コールセンター)を設置。地域内の32医療機関への予約調整を一元的に行う。同市では「かかりつけ医が住所地外にあるケースも多く、住民にとっては心理的負担の軽減にもつながる」と話す。

 高齢者への接種券発送は12日からで、20日にはセンターを開設。5月10日から高齢者と高齢者施設職員への接種が開始される予定。一般住民への接種は7月以降に始まる見込みという。