中国、米国の北京五輪ボイコット言及で「国際社会は受け入れず」と反発

記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長=7日、北京(共同)
記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長=7日、北京(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は7日の記者会見で、米国務省報道官が北京冬季五輪のボイコットも選択肢としてあり得るとの立場を示したことに対し「国際社会は受け入れない」と反発した。北京五輪ボイコットが、米中対立の新たな火種となる可能性がある。

趙氏は「スポーツを政治問題化することは五輪憲章の精神に背き、各国のスポーツ選手の利益や国際的な五輪に関する事業に損害を与える」と強調した。

米国による新疆ウイグル自治区での「ジェノサイド(民族大量虐殺)」との指摘については「完全な世紀の嘘だ」との従来の主張を繰り返した。