北朝鮮、東京五輪「不参加決定」発表 新型コロナ理由に - 産経ニュース

メインコンテンツ

北朝鮮、東京五輪「不参加決定」発表 新型コロナ理由に

 【ソウル=時吉達也】北朝鮮体育省は、3月下旬に開催された北朝鮮五輪委員会の総会で、7月に開幕が予定される東京五輪への不参加を決定したと明らかにした。ウェブサイトを通じて5日付で発表し、不参加理由について、「新型コロナウイルスによる世界的な保健上の危機的状況から選手を守るため」と説明した。東京五輪への不参加を表明した国は初めて。

 北朝鮮の夏季五輪不参加は、1988年のソウル五輪以来。聯合ニュースによると、北朝鮮は陸上や卓球など8種目で、東京五輪出場権を獲得していた。

 北朝鮮は新型コロナへの感染拡大懸念から、昨年1月末に国境を封鎖した。公式発表では、これまでに国内の感染確認例はないとしている。

 北朝鮮にとって、五輪は数少ない外交舞台の一つだった。2018年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪では、韓国と合同行進を行うなど緊張緩和を演出。同年の南北、米朝首脳会談開催につなげた。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(現総書記)は当時、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に対し、東京五輪や22年の北京冬季五輪に「必ず参加する」との意向を示していた。