伊藤女流三段が先勝、初タイトルに好発進 マイナビ女子オープン

五番勝負第1局を制し、初タイトル獲得に向けて好スタートを切った伊藤沙恵女流三段=6日、神奈川県秦野市(日本将棋連盟提供)
五番勝負第1局を制し、初タイトル獲得に向けて好スタートを切った伊藤沙恵女流三段=6日、神奈川県秦野市(日本将棋連盟提供)

 将棋の西山朋佳(ともか)女王(25)=女流王座・女流王将=に伊藤沙恵女流三段(27)が挑戦する第14期マイナビ女子オープン五番勝負の第1局が6日、神奈川県秦野市で指され、後手の伊藤女流三段が152手で勝ち、初タイトル獲得に向けて好スタートを切った。

 伊藤女流三段は今回で8回目のタイトル挑戦。初登場のマイナビ女子オープンで悲願の初タイトル獲得を目指す。

 一方、西山女王はこれまで獲得タイトルが女王3期、女流王座2期、女流王将2期の計7期。棋士養成機関「奨励会」の三段リーグに在籍し、女性初のプロ棋士を目指していたが、退会。今月1日付で女流棋士三段に転向した。本局が女流棋士としての初対局だった。

 第2局は21日、甲府市で行われる。