千葉で飲食店の独自認証制度検討、時短緩和も 熊谷知事意向

新型コロナ対策の本部会議で挨拶する熊谷俊人知事(右)=6日、千葉県庁(小野晋史撮影)
新型コロナ対策の本部会議で挨拶する熊谷俊人知事(右)=6日、千葉県庁(小野晋史撮影)

 千葉県の熊谷俊人知事は6日、新型コロナウイルスの感染対策が十分に取れている飲食店を県が認証する制度を創設する意向を示した。認証を受けた店舗は時短営業要請の対象外としたり、要請を緩和したりする方向で検討を進めるという。県の対策本部会議後、記者団の取材に明らかにした。

 熊谷氏によると、山梨県が昨年創設した同様の認証制度を参考に、千葉市などモデルとなる市を指定した上で段階的に実施。席と席の間隔や換気などの項目を設け、職員が店舗の取り組み状況を現地で確認した上で認証する。具体的な制度設計は今後進めるとし、開始時期は「できるだけ早期に」と述べるにとどめた。

 熊谷氏は「飲食店は店舗ごとに構造や対策の有無が違うのに時短要請は一律だ。これを今後も続けるのは難しく、めりはりの利いた対策を促したい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細