正論

真に実効性がある同盟の本質 元駐米大使・加藤良三

演習を行う中国軍の兵士=2020年7月(新華社=共同)
演習を行う中国軍の兵士=2020年7月(新華社=共同)

戦後、主に現在の日米安保条約締結以来、日米は多少の出入りはあっても常に堅固な同盟関係にあったといえる。特にそれが目立ったのは、筆者の外務省現役(1965~2008年)時代に限れば、アメリカ側がレーガン政権(1981~89年)およびブッシュ43代政権(特に第1期2001~05年)の時代だったと思う。

≪米国の最大課題は中国の時代≫

2017~21年のトランプ政権時代の日米関係は他国との比較でも抜きんでて良好な時代だったようだが、これはアメリカの大統領が日本の首相にアジア・太平洋政策関係の『アドバイザー』、ないしは『社外取締役』の役割を求めたと評される特殊な時代だったと言うべきかもしれない。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】時代とずれた価値観の強制 イスラム思想研究者・飯山陽

  2. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  3. 【正論】日本人が持ち合わせる「人類最強」の性質とは… 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子

  4. 【主張】日米首脳会談 「核抑止」の欠落は疑問だ

  5. 【産経抄】1月23日

  6. 【主張】東証の市場再編 投資呼び込む魅力高めよ

  7. 【正論】「愛子天皇」待望論は国を滅ぼす エッセイスト動物行動学研究家・竹内久美子

  8. 【石平のChina Watch】「歴史決議」で見えた習主席の限界

  9. 【風を読む】廃校を狙う中国エリート校 論説副委員長・佐々木類

  10. 【主張】大学無償化 財源から現実的に考えよ