F35B配備「有力候補地」 九州防衛局、宮崎県に説明 - 産経ニュース

メインコンテンツ

F35B配備「有力候補地」 九州防衛局、宮崎県に説明

 政府が調整する航空自衛隊新田原基地(宮崎県新富町)への最新鋭ステルス戦闘機F35B配備に関し、防衛省九州防衛局の玉栄一邦次長は5日、宮崎県庁で日隈俊郎副知事と面会し「新田原は有力な候補地の一つ」などと説明した。

 県幹部によると、防衛局は当初、非公式での面会を打診したが、県は反発。冒頭を公開することになった。

 F35Bは短距離での離陸や垂直着陸が可能。政府は平成30年末策定の中期防衛力整備計画(中期防)に基づき、令和5年度までに18機導入する方針だ。2年度予算に6機、3年度予算には2機の取得費を盛り込んだ。