【橋田壽賀子さん死去】「私があるのは先生のおかげ」女優の泉ピン子さん - 産経ニュース

メインコンテンツ

橋田壽賀子さん死去

「私があるのは先生のおかげ」女優の泉ピン子さん

第26回橋田賞授賞式に出席した(左から)阿川佐和子さん、橋田壽賀子さん、石坂浩二さん=平成30年7月18日、東京都内のホテル
第26回橋田賞授賞式に出席した(左から)阿川佐和子さん、橋田壽賀子さん、石坂浩二さん=平成30年7月18日、東京都内のホテル

 4日死去した脚本家、橋田壽賀子さんの代表作であるドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で小島五月役を演じる女優の泉ピン子さんが5日、追悼コメントを寄せた。

 「昨日意識がなくなったとき、『ママ』って呼ぶ私の声が聞こえたのか、最後に目を見開いたんです。それが最後でした。クルーズ旅行に行くとき、お正月に着ていたお気に入りのドレスと、橋田文化財団を設立したときに作った松竹梅の思い出のドレスを着せて、私がお化粧をしてあげて、旅立ちました。

 橋田さんは『悲しまなくていい。千の風になっているんだから。あなたの周りにいるから』といつも言っていました。『でも、私が先に逝くとは限らないけど』と茶目っ気たっぷりで付け加えたりして。ですから最後は『千の風になって』をかけて送りました。

 今の私があるのは橋田先生のおかげです。舞台もドラマもやらせてもらいました。ずいぶん喧嘩もしたし、泣いたこともあったけれど、橋田さんとご主人には本当の娘のようにかわいがっていただきました。私も熱海で暮らすようになって、最後はずっとそばにいられたから熱海に越してきた意味があったと思います」