大阪過去最多666人感染 兵庫とともに感染者倍増 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪過去最多666人感染 兵庫とともに感染者倍増

大阪府庁=大阪市中央区
大阪府庁=大阪市中央区

 大阪府は3日、新型コロナウイルスの感染者が新たに666人確認されたと発表した。1日に確認された人数としては1月8日の654人を上回って過去最多となった。600人以上となるのは3日連続で、5日続けて東京都を上回った。兵庫県でも3日、206人の感染を確認した。5日から特別措置法に基づく「蔓延(まんえん)防止等重点措置」が適用される両府県では、感染者が前週比で倍増。兵庫では病床も逼迫(ひっぱく)しており、医療体制は予断を許さない状況だ。

 大阪府では、政府の対策分科会が示す6指標の一つ「7日間の人口10万人あたりの新規感染者数」が3日に39・27人となり、最も深刻なステージ4(爆発的感染拡大)の目安「25人以上」を4日連続で超過。1週間前の3月27日(17・88人)と比べて2倍以上に増えた。兵庫県でも今月1日に18・81人となり、1週間前から倍増した。

 同じ6指標の「最大確保病床の使用率」をみると、兵庫では3月31日時点で62・2%とステージ4の目安「50%以上」を超えている。大阪府でも今月3日に45・4%まで上昇。同日の重症者は124人で、重症病床(224床)の使用率は55・4%となった。