マリでPKO隊員4人死亡 北部の基地攻撃

 ロイター通信は2日、西アフリカ・マリの北部キダル州で国連平和維持活動(PKO)部隊の基地が攻撃を受け、隊員4人が死亡したと報じた。

 西アフリカの一部の地域で近年、国際テロ組織アルカイダや過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う勢力がそれぞれ台頭し、テロ被害が急増。マリではPKO活動が始まった2013年以降、約240人の隊員が死亡しており「世界で最も危険なPKO任務」と呼ばれている。(共同)