河村氏「4期目が最後」 名古屋市長選、公約発表 - 産経ニュース

メインコンテンツ

河村氏「4期目が最後」 名古屋市長選、公約発表

 名古屋市の河村たかし市長(72)は2日、市役所で記者会見し、25日投開票の市長選で掲げる公約を発表した。新型コロナウイルス対策や教育の充実化が柱。「(4期目で)やれないことはバトンタッチしていく」と述べ、当選した場合は4期目を最後に市長を退くとの考えを示した。

 公約は「ナゴヤ庶民革命総仕上げ」と題した。新型コロナ対策では保健所による積極的疫学調査を徹底する方針を強調。市立小中高一貫校の新設や「子どもを1人も死なせないナゴヤ」など教育政策を重点に位置付けた。看板政策である市民税減税や市長給与の800万円への減額を継続。名古屋城天守閣の木造復元事業は「100年先の国宝指定を目指す」と明記した。

 河村氏は4期目で市長を退く理由に関し「そう長いことやってもいけない。総仕上げだ」と述べた。その後の国政復帰の可能性については「私のミッションである『士農工商を打ち破る』は死ぬまでやらないといけない」と明確な言及は避けた。