俳優の田中邦衛さん死去 「北の国から」で活躍 88歳

田中邦衛さん
田中邦衛さん

 映画「若大将」シリーズの青大将役や、テレビ「北の国から」の父親役など存在感たっぷりの脇役として異彩を放った俳優、田中邦衛(たなか・くにえ)さんが3月24日、老衰のため亡くなった。88歳。岐阜県出身。葬儀・告別式は家族で行った。

 岐阜の窯元の家に生まれ、麗沢短大英語科を卒業後、家業を手伝うかたわら、臨時教員として教壇に立つ。このころ芝居の魅力にとりつかれ、昭和30年に3度目の挑戦で俳優座養成所7期生に合格。

 33年、安部公房作品の舞台「幽霊はここにいる」の準主役に抜擢(ばってき)されたのをきっかけに注目を浴びるようになった。36年からスタートした映画「若大将」シリーズでは独特の巻き舌で三枚目の青大将を演じ、主役の加山雄三さんに匹敵する人気キャラクターに。

 映画の世界では「網走番外地」「若者たち」「仁義なき戦い」などのシリーズで活躍。「居酒屋兆治」でブルーリボン賞助演男優賞、「ウホッホ探検隊」で同主演男優賞、「学校」で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受けた。

 テレビでも56年に始まったフジテレビ系の国民的ドラマ「北の国から」シリーズ(~平成14年)では21年間にわたって素朴な父親・黒板五郎役を演じ続けた。平成16年のNHK大河ドラマ「新選組!」でも近藤勇の父親役を演じた。

 11年に紫綬褒章、18年に旭日小綬章を受章。