みずほFG、100億円規模の損害恐れ 米取引

 みずほフィナンシャルグループ(FG)が、米国の投資会社に絡むとみられる取引で100億円規模の損害を受ける可能性があることが1日、分かった。野村ホールディングス(HD)や三菱UFJ証券HDが既に発表している損害発生の恐れと関連があるとみられる。

 問題となっている投資会社は「アルケゴス・キャピタル・マネジメント」で、みずほの米国子会社と取引があるとみられる。みずほは「令和3年3月期の業績予想に影響を与えるような事象は発生していない」として、損害の恐れがあることを公表していない。

 野村HDと三菱UFJ証券HDの損害額は、それぞれ20億ドル(約2200億円)規模と2億7千万ドル(約300億円)規模に上る可能性がある。