静岡の入試巡る再審請求、元校長の即時抗告棄却 東京高裁 - 産経ニュース

メインコンテンツ

静岡の入試巡る再審請求、元校長の即時抗告棄却 東京高裁

 大学推薦入試で生徒の調査書を改竄する見返りに謝礼を受け取ったとして、加重収賄罪などで有罪が確定した静岡県立天竜林業高(現天竜高)の北川好伸元校長(73)が、再審請求を退けた静岡地裁浜松支部の決定を不服として申し立てた即時抗告に対し、東京高裁が棄却する決定をしたことが1日、弁護団への取材で分かった。

 決定は3月31日付。弁護団によると、最高裁に特別抗告する方針。

 北川元校長は平成18年、推薦入試のため生徒の調査書改竄を教諭に指示しこの生徒の親族から謝礼20万円を受け取ったとして加重収賄罪などに問われ、22年に最高裁で懲役2年6月、執行猶予4年、追徴金20万円の有罪が確定。26年に再審請求し、28年に棄却されていた。