公明・北側中央幹事会長、立・共の憲法審協議欠席を批判「出席しない理由ない」

 公明党の北側一雄中央幹事会長は1日の記者会見で、衆院憲法審査会の日程を協議する幹事懇談会を欠席した立憲民主、共産両党を批判した。与野党の筆頭幹事による協議で懇談会開催は決まったとした上で「出席しない理由はない。極めて遺憾だ」と述べた。

 継続審議となっている国民投票法改正案については「速やかに審議し、採決させていただきたい」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細