松本人志×矢部浩之7年ぶり…共演NGではなかった

7年ぶりに共演を果たした松本人志(中央)と矢部浩之(右手前から2人目)(C)フジテレビ
7年ぶりに共演を果たした松本人志(中央)と矢部浩之(右手前から2人目)(C)フジテレビ

 2日にスタートする「人志松本の酒のツマミになる話」(金曜後9・58、フジテレビ系)で、松本人志(ダウンタウン)と矢部浩之(ナインティナイン)が7年ぶりに共演する。

 番組は「ダウンタウンなう」の特別編として生まれた企画。お酒の席が盛り上がれば何をしゃべってもOKというルールの下、普段言えないような悩みや本音を語り合うトークバラエティーとしてレギュラー化された。

 MCを務めるのは、松本と千鳥(大悟、ノブ)。記念すべき初回ゲストは矢部をはじめ、夏菜、岡部大(ハナコ)、小泉孝太郎。それぞれの好きなお酒で乾杯し、宴は始まった。

 松本と矢部の共演は、2014年の「笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号」以来。矢部が早速「今日、現場に来て分かったけど、スタッフがピリついている」と笑いを誘うと、夏菜は「お2人は共演NGなのかと思っていた」と驚きを隠さない。ノブも「僕らからしたらビッグマッチ!」と興奮を抑えられない。

 そんな雰囲気の中、矢部は「松本さんとお仕事することは本当にないので恥ずかしい」と語り、松本も「照れくさい。昔、付き合っていてキスくらいはした感じの元カノ」と表現し、文字どおり、照れた。

 2人は共演こそなかったものの、プライベートでは偶然遭遇することもあったようで、その際に松本が発した言葉の真意がずっと気になっていたという矢部は「あれ、なんやったんですか?」と質問。ぶつけられた松本は、たじろぐ。

 ほかの3人もそれぞれプライベートネタを披露し盛り上がるが、千鳥が突然、番組への批判を始める一幕も。お酒を飲みながらのおしゃべりだからこそ飛び出す本音トークの楽しさは変わらないのだ。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細