11年前の強姦事件、男性の無罪確定 横浜地検控訴せず - 産経ニュース

メインコンテンツ

11年前の強姦事件、男性の無罪確定 横浜地検控訴せず

 11年前に当時17歳の女性に性的暴行を加えたとして、強姦罪に問われた男性に無罪を言い渡した横浜地裁川崎支部判決が確定したことが1日、分かった。控訴期限の3月29日までに検察側が控訴しなかった。

 理由について横浜地検の安藤浄人次席検事は「判決の判断を覆すことは困難であり、上級庁とも協議の上、控訴を見送った」と説明している。

 女性の母親と交際していた男性は、平成22年2月に女性宅で無理やり性交したとして起訴された。

 3月15日の判決では、女性が男性から長期間、性的虐待を受けていたことは認定したが、「令和元年10月に警察に相談した時点で、起訴された事件以外は時効が成立していたと説明されていた」と指摘。女性は男性が刑事罰を受けるのを望んでおり、「供述に誤りが入っていた可能性がある。姦淫した事実を認めるには合理的な疑いが残る」と判断した。