AIが最適ルート判断、乗り合いバス 大阪で社会実験スタート (1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

AIが最適ルート判断、乗り合いバス 大阪で社会実験スタート 

AIが最適ルート判断、乗り合いバス 大阪で社会実験スタート 
AIが最適ルート判断、乗り合いバス 大阪で社会実験スタート 
その他の写真を見る (1/3枚)

 大阪メトロと大阪シティバスは30日、大阪市生野区と平野区で「オンデマンドバス」の導入に向けた社会実験を始めた。利用したい時間と目的地を伝えて予約し、希望が似た利用者と乗り合うシステムで、人工知能(AI)を使って最適な運行ルートを決める。郊外や観光地で導入が進むが、都市部では珍しいという。高齢化が進行する地域で、新たなニーズにどう対応できるかが注目される。

 時間や運行ルートが決まっている路線バスと異なり需要に応じて時間を自由に設定できる。またバス停を回る必要がなく、目的地まで最短距離で向かえる。大阪メトロなどは今後の利用状況を分析し、将来的に市内全域での実現を目指す。

 今回の社会実験の対象は、高齢の住民が多い生野区と平野区内の計3エリア。既存のバス停の約1・5倍にあたる計199カ所の乗降場所を設けた。

 スマートフォンの専用アプリや電話で予約すると、AIが最適な運行ルートを解析。バスの運転席に設置された端末に情報が届き、計10台の小型バス(8人乗り)の運転手がAIの指示に従って巡回し、客を乗り降りさせる。乗降は同じエリアに限られ、最寄り駅や病院、スーパーなどとの行き来での利用を見込んでいる。

 運行は午前6時~午後11時。電話(0570・08・6600)での予約は午前7時から午後5時。大人210円。敬老優待乗車証(敬老パス)は利用できない。