諏訪之瀬島噴火、噴石飛散 鹿児島、火口から800メートル

噴火警戒レベルが3に引き上げられた鹿児島県・トカラ列島の諏訪之瀬島=31日(気象庁提供)
噴火警戒レベルが3に引き上げられた鹿児島県・トカラ列島の諏訪之瀬島=31日(気象庁提供)

 30日午後10時5分ごろ、鹿児島県・トカラ列島の諏訪之瀬島の御岳火口で噴火が発生し、大きな噴石が火口から南方向に約800メートルまで飛散した。鹿児島地方気象台は、火山活動が高まった状態だとして注意を呼び掛けている。県によると、この噴火に伴う被害は確認されていない。

 気象台は、御岳火口から約1キロ以内では大きな噴石に警戒するよう呼び掛けた。風下では小さな噴石が遠くまで降る恐れがあり、注意が必要だとしている。

 気象庁は1月、火山活動の活発化が見られないとして、諏訪之瀬島の噴火警戒レベルを3の「入山規制」から2の「火口周辺規制」に引き下げた。現段階ではレベル2を継続するとしている。