諏訪之瀬島、レベル3に 爆発急増、2キロ圏で警戒

噴火警戒レベルが3に引き上げられた鹿児島県・トカラ列島の諏訪之瀬島=31日(気象庁提供)
噴火警戒レベルが3に引き上げられた鹿児島県・トカラ列島の諏訪之瀬島=31日(気象庁提供)

 気象庁は31日、鹿児島県・トカラ列島の諏訪之瀬島(十島村)で噴火活動が活発になっているとして、噴火警戒レベルを火口周辺規制の2から入山規制の3に引き上げた。御岳火口から2キロの範囲では大きな噴石に警戒するよう呼び掛けている。居住地域は2キロの範囲外にある。

 気象庁によると、諏訪之瀬島は長期間にわたり噴火を続けており、直近では30日から爆発の発生が急増した。30日午後10時5分と31日午前2時57分の爆発では、大きな噴石が御岳火口から約1キロ飛び、火山活動が高まっていると判断した。この2度の爆発では、噴煙が火口から800メートルの高さまで上がった。爆発は30日に20回、31日も頻繁に起きた。 気象庁の中村浩二火山監視課長は記者会見し、地殻変動の観測では大きな変化が出ていないとして「今の状況では、より大きな噴火がすぐに発生するというデータはないが、2キロ以内には決して近づかず、今後の情報に注意してほしい」と述べた。

 諏訪之瀬島の警戒レベルは昨年12月28日、2から3に引き上げられたが、その後観測データに目立った変化がなく、今年1月14日、2に引き下げられていた。