フィギュア国別対抗戦に 羽生、紀平ら

世界フィギュアのエキシビションで演技する羽生結弦=ストックホルム(共同)
世界フィギュアのエキシビションで演技する羽生結弦=ストックホルム(共同)

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(4月15~17日、大阪・丸善インテックアリーナ大阪)に臨む日本代表選手が31日、発表され、男子の羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(トヨタ自動車)、女子の紀平梨花(トヨタ自動車)、坂本花織(シスメックス)らが選ばれた。日本は2大会ぶり3度目の優勝を狙う。

 2連覇が懸かる米国は、3月27日までの世界選手権で優勝した男子のネーサン・チェンが出場。ロシア勢は女子で世界選手権優勝のアンナ・シェルバコワや同2位のエリザベータ・トゥクタミシェワが参加予定。