長門、エモンズ…海底に眠る戦争遺産の写真展 福岡で開催へ

パラオの海に眠る旧日本軍の零式三座水上偵察機(戸村裕行氏提供)
パラオの海に眠る旧日本軍の零式三座水上偵察機(戸村裕行氏提供)

 太平洋戦争中に海底に沈み、朽ち果てた航空機や戦艦、輸送船などの姿を紹介する写真展「群青の追憶 海底に眠る戦争遺産を追う」が、4月3日から福岡県筑前町の大刀洗平和記念館で開かれる。7月25日まで。

 旧日本軍の零式三座水上偵察機(パラオ)や戦艦「長門」(マーシャル諸島・ビキニ環礁)、輸送船「富士川丸」(ミクロネシア連邦)など、水中写真家の戸村裕行さんが撮影した写真パネル約40点を紹介する。

 沖縄戦で旧日本軍の特攻を受け海底に沈んだ米軍艦「エモンズ」の3D画像化の取り組みや、同艦に特攻した大刀洗陸軍飛行学校の教官らで構成する「誠飛行隊」に関する展示も行う。

 同館は「海底には今も多くの戦争遺産が残っているが、いつかは朽ちて無くなってしまう。艦船の乗組員や特攻兵たちの多くの命が失われたことにも思いをはせてもらえたら」と話している。

 4月3日には戸村さんの講演会も予定。定員60人、要予約で問い合わせは同館、電話0946(23)1227。