「テラスハウス」 BPO放送人権委「放送倫理上の問題あり」 フジテレビのリアリティー番組

木村花さん(母の響子さん提供)
木村花さん(母の響子さん提供)

 フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー、木村花さん(享年22)が昨年5月、会員制交流サイト(SNS)で誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)を受けた後に死去した問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は30日、「放送倫理上の問題があった」とする見解をまとめた。。一方、「人権侵害があったとまでは断定できない」とした。

 昨年3月末にネットフリックスで先行配信された回で、木村さんのプロレス衣装が残っていた洗濯機を男性メンバーが誤って回し、木村さんが憤った場面についてSNSで誹謗中傷が集中。その後、木村さんの自傷行為があったが、5月19日にフジテレビでも放送され、木村さんは23日に亡くなった。

 放送人権委員会はリアリティー番組の性質上、「出演者自身が誹謗中傷によって精神的負担を負うリスクはフィクションの場合よりも格段に高い」と指摘。 ネット上での誹謗中傷などがすでに深刻な事態となっていたにもかかわらず、フジテレビでの放送決定の過程には、木村さんの精神的な健康状態に対する配慮が欠けており、「全体として問題の深刻さの認識に甘さがあったことは否定できない」とした。

 一方で、番組自体に違法性があったとは認められず、フジテレビ側は木村さんの自傷行為があったの後に電話やLINE(ライン)で連絡するなどのケア対応をし、放送決定は「一定の慎重さ」で行われたとして、「人権侵害があったとまでは断定できない」とした。

 その上で、フジテレビには再発防止に努めるよう要望し、放送界全体が「悲劇が二度と起こらないよう」、自主的な取り組みを進めることを期待するとした。

 フジテレビは「今回の委員会決定を真摯に受け止め、今後の放送・番組作りに生かしてまいります」とコメントした。