現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「戸籍の解体」を招く夫婦別姓制 国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授・百地章

衆院予算委員会で選択的夫婦別姓について答弁する菅義偉首相=2月15日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で選択的夫婦別姓について答弁する菅義偉首相=2月15日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

いわゆる「選択的夫婦別姓制」について枝野幸男・立憲民主党代表は国会で次のように述べている。「同姓を望む方には何の影響もな〔い〕」(衆院本会議、令和2年10月28日)。本当にそうか?

≪選択制でも戸籍は解体≫

夫婦別姓(氏)制度の実現を目指している二宮周平・立命館大学教授は「戸籍から個籍へ」と題する論文でこう述べている(『時の法令』平成28年6月30日)。

ランキング

  1. 【一筆多論】露の残虐、77年前も今も 遠藤良介

  2. 【主張】中国の軍事演習 国交記念行事を中止せよ

  3. 【風を読む】笑顔のシンデレラ 論説副委員長・別府育郎

  4. 【産経抄】8月9日

  5. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  6. 【主張】革新炉の開発計画 国力浮上への「工程表」だ

  7. 【正論】いま求められる英国の指導者像 日本大学教授・松本佐保

  8. 【浪速風】迫る日本有事

  9. 【スポーツ茶論】高校野球改革「大谷頼みだけでは」 津田俊樹

  10. 【浪速風】習政権のオウンゴール

会員限定記事