新体制「めざましテレビ」のテーマソングにYOASOBI

「めざましテレビ」のメーンキャスターを務める(左から)三宅正治、井上清華、生田竜聖の各アナウンサー(C)フジテレビ
「めざましテレビ」のメーンキャスターを務める(左から)三宅正治、井上清華、生田竜聖の各アナウンサー(C)フジテレビ

 29日からメーンキャスターが三宅正治、井上清華、生田竜聖の各アナウンサーによる新体制となったフジテレビ「めざましテレビ」(月~金曜、前5・25)。情報番組のテーマソングを初担当したYOASOBIの楽曲「もう少しだけ」が流れている。

 YOASOBIはコンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる小説を音楽にするユニットで「夜に駆ける」をはじめ、最近では「怪物」「優しい彗星」などヒットを連発している。

 前向きな歌詞とさわやかなメロディーが印象的なミディアムナンバーの「もう少しだけ」は、小説投稿サイトと番組が共同開催した「夜遊びコンテスト」で5605作品の中から大賞に選ばれた小説「めぐる。」(著者・千春)が原作となっている。

 作詞・作曲を担当したAyaseは「ちょっとしんどいなと思う朝や、何かをするのをためらってしまう朝にこの曲を聴いてもう少しだけ頑張ってみようかなという気持ちになってもらえたらうれしい」、ikuraは「聴く人の背中を押せたらいいなと思い、そっと包み込んでくれるそよ風のように歌うことを意識した。曲のテンポも歩くスピードと同じくらいの心地よいものになっているので、ぜひ家を出るタイミングで聴いていただけたら」とそれぞれ思いを込めた。

 同局の高橋龍平チーフプロデューサーも「つらいことが多い今、時代が求めているのはもう少し、あと少しだけでいいんだよという寄り添う感覚。どんな朝でも見ているうちに自然と視聴者のみなさまの心のスイッチが入る、太陽のような番組でありたい」と話した。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細