兵庫・新温泉町の泰雲寺 しだれ桜満開

満開を迎えたしだれ桜=兵庫県新温泉町
満開を迎えたしだれ桜=兵庫県新温泉町

 兵庫県新温泉町竹田の泰雲寺で、樹齢300年以上のしだれ桜の老木が満開を迎えた。天候次第だが、今週末まで楽しめるという。

 この老木は幹回り約5・3メートル、高さ約13メートルで西日本でも最大級とされる。地元の保存会によると、京都・天龍寺から移植されたエドヒガンのしだれ品種で、ソメイヨシノよりも早く開花するという。昭和41年、県の天然記念物に指定された。

 老木のため樹勢の衰えが目立ち、近年は樹木医の手当てを受け、周囲に伸びた枝は何本もの鉄棒で支えられているが、今年も無事に花を開かせた。地元の湯村温泉観光協会によると、例年よりも早くつぼみが膨らみ、27日に満開に。西宮市から家族で訪れた小野直樹さん(38)は「満開の美しいしだれ桜を見ることができてよかった」と話した。

 同協会は「新型コロナウイルス対策をして、ゆっくり観賞してください」と話している。

会員限定記事会員サービス詳細